*

防火戸の内側に内障子を設置できないという都市伝説?!

甲種防火戸、乙種防火戸の亡霊

防火戸の亡霊に苦しむ人々

平成12年の法改正(性能規定化)の際に、施行令110条が削除されました。

今は亡き建築基準法施行令110条には、これまた今は亡き「甲種防火戸」と「乙種防火戸」の仕様が定められていました。
このうちの乙種防火戸に関する部分がほぼそのまま平成12年建設省告示1360号に移行したと考えて良いでしょう。

そして、同時に法2条9号の2ロが制定されており、防火設備は大臣認定によるもの、または告示仕様によるものとなりました。

しかし、性能規定が常識となった昨今でも、当時の甲乙防火戸の亡霊に苦しめられている設計者が多いと聞きます。

以下の質疑応答は、(社)カーテンウォール・防火開口部協会発行「住宅防火戸Q&A集」からの抜粋ですが、質問者の切ない思い込み、回答者のあっけらかんとした様子に温度差を感じます。

防火戸の亡霊は実に簡単に退治できた

件名
防火戸の室内側15cm以内には「紙貼り障子」など、可燃材料製の障子等を設置することが禁止されていますが、住宅防火戸を用いる場合も同じと考えてよいですか?

回答
住宅防火戸の室内側15cm以内に「紙貼り障子」など、可燃材料製の障子等を設置しても問題ございません。

【解説】(住宅防火戸Q&A集より)
ご指摘の内容は、改正前の法令では建築基準法施行令第110条第5項に規定されており、認定防火戸の多くにもこの規定が適用されていました(住宅防火戸は適用除外)。

平成12年の法改正により、第110条第5項は国土交通大臣が定める例示仕様(平成12年建設省告示第1360号)に移管されています。

住宅防火戸および木質系住宅防火戸は平成12年建設省告示第1360号によるものではなく、国土交通大臣から認定されているものですから、同告示には該当しません。

また、ご指摘の内容は認定時の付帯条件ともなっていませんので、(社)カーテンウォール・防火開口部当協会では同告示規定によらなくても問題ないと解釈しております。

(社)カーテンウォール・防火開口部協会発行「住宅防火戸Q&A集」より引用

とある建築士事務所での防火戸と内障子のイザコザとその顛末

また、タウンファクトリー一級建築士事務所様のHPにて、同様に防火設備と内障子の関係性に振り回された記録があります。
(部分抜粋しています)

準防火地域内の住宅の防火戸と内障子

準防火地域に建つ木造住宅の話。
延焼のおそれある部分にかかる窓で、その内側に障子を入れて設計していたところ、防火設備の認定窓だけでは足りず、障子を窓から15cm離すように建築指導課から指導が入った。

担当者は「平12建告1360号 1項3号」にその旨明記されていると譲らないのだ。

今まで同じ区で何度も窓枠に障子を入れて、検査済証が出ていたので、今回も問題無いと思っていたので、寝耳に水である。

防火設備の認定元、さすが国土交通省

サッシメーカーに聞いたところ、そもそも「平12建告1360号 1項3号」と認定とは関係なく、障子のことも認定時に考慮されていないとのこと。
障子と防火設備の関連は解明しないどころか「平12建告1360号」は廃止になった!?との情報も、、、、。

話が複雑になってしまったので、大元の国土交通省に問い合わせてみると、「平12建告1360号」は現行の告示で廃止になっていない。

また、防火設備の認定の取れているサッシであれば、窓から15cmの告示の規定は関係ないとのこと。

非常に単純明快が回答が返ってきた。

防火設備と内障子の関係性がスッキリと解決

「建築基準法第2条9の2ロ」、ここに防火設備に関して「政令で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣が定めた構造方法を用いるもの、又は国土交通大臣の認定を受けたものに限る」と明記されています。

つまり防火設備を「平12建告1360号:防火設備の構造方法を定める件」の告示にしたがって造るのか、認定の取れた既製品を使うのか。

それだけの話で、「窓から15cm離す」のは告示の仕様を用いて窓を構成する場合の話だったのです。

厄介なもの、それは古い知識で確認審査されること

役所の担当者の指摘に対して、適確に反論できなかったのが悔しいとのことですが、そもそも防火設備の認定と障子(建具)をからめた指導も、建築基準法を熟読すれば、的の外れた指導だということがわかります。

建築基準法の字面だけを捉えて、または過去もそうだったから、という指導はかなり面倒です。
しかも、建築確認が下りなければ、当然着工もできない。
「確認」という仕組みであれ、今や許可とほぼ同意として捉えられています。

審査側の知識の更新、設計サイドの知識向上の両方が達成されなくてはいけません。

参考
同じようなことで悩んでいる人は多いようです。
悪名高い?Yahoo!知恵袋でも同様な項目があったので、参考までに。
(ただし、この「知恵袋」。ご利用、解釈はあくまでも「自己責任」で)
延焼のおそれのある部分の窓の内側に紙障子を設置する場合、大臣認定の取れた建具…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

建築関連ニュース

給湯器の転倒防止措置も設計者の責任だよ、というお話

国交省から特定行政庁や業界団体に、給湯器の転倒事例に関する通達がありました。 今回の通達は、今般の

記事を読む

かくにんtips

敷地が2以上の用途地域、区域、地区にまたがる場合 総まとめ

建築物の敷地が2以上の用途地域や各種区域にまたがってしまう場合は、意外と多いです。 そのような場合、

記事を読む

かくにんtips

建築確認Tips:防火上主要な間仕切り他のパブコメが公開されています。

今年の建築基準法改正については、平成26年6月4日に改正法が公布され、平成26年6月24日にその政令

記事を読む

かくにんtips

防火上主要な間仕切壁の過半の改修は、建築確認申請が必要か?

主要構造部と防火上主要な間仕切壁の密接な関係性 防火上主要な間仕切壁は主要構造部として取り扱う

記事を読む

かくにんtips

建築基準法上の「着工」とはどの時点?

「着工」がなぜそんなに話題に上るのか。 もっともイメージしやすいのは、「建築確認済

記事を読む

かくにんtips

子ども子育て支援法と改正建築基準法の関連について

「子ども・子育て支援法」の施行日(平成27年4月1日)後は、建築基準法における、「児童福祉施設等

記事を読む

かくにんtips

建築確認Tips 仮使用認定の詳細が明らかになってきました

    法27条、仮使用認定関連のパブコメが公示されています また新た

記事を読む

かくにんtips

「近畿建築行政会議 建築基準法 共通取扱い集」が発刊されます

特定行政庁を跨いだ取り扱い集が発刊されます 以下のように、近畿版限定の建築基準法取り扱い集が発刊さ

記事を読む

建築関連ニュース

建築確認ニュース 給湯器転倒防止の改正告示が本日施行。

給湯器転倒防止措置について 給湯器転倒防止の告示施行 給湯器転倒防止の告示が本日施行されました。

記事を読む

かくにんtips

平成27年6月の改正法施行に備える:書類・書式編

平成27年6月の建築基準法の改正法施行により、確認申請関連の書式や書類にも影響があります。  

記事を読む

ケースアイキャッチ
クラシックミニファミコンのモニター一体型キャリングケースが完成

過去の記事で、クラシックミニファミコンのポータブル化について触

winderimg_2741eyecatch
自動巻きの時計に必須のアイテム、ウォッチワインダーがすごい

高級な自動巻時計には、時計に負けない高級感を持つウォッチワインダーを!

stick-eye
クラシックミニファミコンの再現度をさらに高めるシールを作った

クラシックミニファミコンに足りないもの、それはスイッチ周りの「あのシー

kaizou-eyecatch
クラシックミニファミコンのコントローラー改造はシロウトでもデキる!

クラシックミニファミコンのコントローラーが小さいのは周知の事実

フォトボックスアイキャッチ
メルカリ・ヤフオクで高く売るコツ:撮影ボックスを使おう

不用品の処分で便利なのが、ヤフオクやメルカリです。 メル

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑