*

「 建築確認 」 一覧

確認申請書式が変わります。平成28年6月1日申請分から

平成28年6月1日より建築基準法の改正に伴い、建築確認申請書の第四面の一部が変更になります ご存じの方も多いとは思いますが、平成28年6月1日より建築基準法の改正に伴い、建築確認申請書の第四面の

続きを見る

平成27年6月の改正法施行に備える:確認・構造適判手続き編

平成27年6月1日より、改正建築基準法による確認申請手続きがスタートします。 特に、構造適判が絡む場合の申請の流れはこれまでとだいぶ勝手が変わります。   国交省のサイトで、改正建築基準法の情報

続きを見る

建築確認Tips:防火上主要な間仕切り他のパブコメが公開されています。

今年の建築基準法改正については、平成26年6月4日に改正法が公布され、平成26年6月24日にその政令が公布されました。 その中の「防火上主要な間仕切壁に係る規制の合理化」と「木造建築関連基準の見直し」

続きを見る

建築確認申請でつまづかないために、座右にあると便利な書籍

当サイトが今日もどこかで誰かの役に立っているかもしれないという実感 先日、下のメールをいただきました。 なんとありがたいメールでしょうか。 当サイトの建築確認に関する記事や図表を使っ

続きを見る

「近畿建築行政会議 建築基準法 共通取扱い集」が発刊されます

特定行政庁を跨いだ取り扱い集が発刊されます 以下のように、近畿版限定の建築基準法取り扱い集が発刊されます。 大阪府建築士事務所協会 「近畿建築行政会議 建築基準法 共通取扱い集」刊行及び説明会開

続きを見る

意外と知らない昇降機の建築確認申請

昇降機に建築確認が必要となる根拠を理解する エレベーターやエスカレーター、ダムウェーター(小荷物専用昇降機)等の昇降機。 これらを建築物に設置する際には、建築確認が必要なことはみなさんご存知の通り

続きを見る

4月から確認申請書が新しくなるので、この機会に書き方を再チェック!!

4月からの申請書変更を踏まえ、申請書の記入で間違いやすいポイントをチェック 以下の記事でも書いたように、天井脱落対策(特定天井)に関連して確認申請書が一部変更されます。 建築関連News 建築物の

続きを見る

確認申請の民間完全移行への理想と現実

確認申請の民間完全移行への理想と現実 横浜市の取り組みを受けて 日経BPのケンプラッツで、こんなニュースが取り上げられました。 事前相談は確認検査機関へ、横浜市が体制見直し 設計者か

続きを見る

「今後の建築基準制度のあり方」についてのパブコメ募集が始まっています

建築基準制度を良くするにはパブコメに参加するしかない! 過去記事の(構造計算適合性判定(適判)制度がそろそろ見直されそうです)で、適判制度の見直しについて書きましたが、適判見直しも含めた建築基準制度

続きを見る

物置の基礎の記事について、ご質問とその回答

建築確認Tips  庭先の物置の基礎はコンクリートブロックじゃダメなのか? 上記の記事についてご質問を頂きました。 ご連絡をいただきましたM様、本当に有難うございます。 以下、ご質問を原文の

続きを見る

構造計算適合性判定(適判)制度がそろそろ見直されそうです

構造適判見直しに向けて、2月にもパブコメ実施予定 構造計算適判に実効性/手続き、対象見直し/国家資格・登録制を導入/国交省が報告 国土交通省は18日、社会資本整備審議会建築分科会の建築基準制度部会

続きを見る

防火上主要な間仕切壁の過半の改修は、建築確認申請が必要か?

主要構造部と防火上主要な間仕切壁の密接な関係性 防火上主要な間仕切壁は主要構造部として取り扱う 防火上主要な間仕切壁を主要構造部として取り扱う、主要構造部とみなすというのは、もはや常識のレベルに達

続きを見る

防火戸の内側に内障子を設置できないという都市伝説?!

甲種防火戸、乙種防火戸の亡霊 防火戸の亡霊に苦しむ人々 平成12年の法改正(性能規定化)の際に、施行令110条が削除されました。 今は亡き建築基準法施行令110条には、これまた今は亡き「甲種

続きを見る

居室の定義を改めて確認してみる

建築基準法の「居室」の定義は? 建築確認に必ずついて回る「居室」に関する条文。 その居室の定義をはじめ、居室についての情報をまとめてみたいと思います。 まずは、何はともあれ、条文の確認。

続きを見る

排煙設備に関連するカン違いや押さえておくべきポイント

「排煙に有効な開口」と「排煙設備」と「防煙区画」 法35条に基づく「令116条の2第1項2号の開口の検討」においては、とにかく窓が開けばいい 法35条に基づく「令116条の2第1項2号の開口の検討

続きを見る

建築確認Tips 4号特例で見落としがちな規定を再確認しておく

4号特例と3号特例の審査除外規定の相違点 「4号」に惑わされないために 建築確認における「4号特例」というコトバは、世間では2通りの意味で使われています。 一つは、法6条1項4号建築物に対して適

続きを見る

無窓居室の判定、検討のうち、採光無窓に関する重要チェックポイント

法35条の3に規定される採光無窓(避難、救助に関する無窓) 施行令111条で定める基準は、1号、2号のいずれかを満足しなければならない。 (無窓の居室等の主要構造部) 第三十五条の三 政

続きを見る

建築関連News 建築物の天井脱落対策に係る技術基準の解説のテキスト公開および講習会の案内

先日行われました、「建築物の天井脱落対策に係る技術基準の解説」の説明会テキストが公開されています。 建築性能基準推進協会 平成23年3月に発生した東日本大震災においては、体育館、音楽ホール等の

続きを見る

角地緩和の適用についての細則等を集めてみた

角地緩和適用の条件がわかる「細則」を集めた 政令指定都市の建築基準法施行細則等が一堂に会する   建ぺい率角地緩和の甘い罠でも記載した、特定行政庁の指定。 日本中の全ての特定行政庁の

続きを見る

防火、準防火地域内での0㎡の建築確認申請を作成してみると、変なところでつまづいた

床面積0㎡でも、建築確認は必要だ 防火、準防火地域内の増築(例えば屋外階段の増設、住宅ならテラス屋根など)の場合、床面積は発生しないものの、建築確認は必要です。 0㎡でも建築確認が必要な理由 理

続きを見る

建築確認Tips 日本中の建築基準法取扱を集めてみた

  建築基準法取扱は地域差が結構ある 建築基準法はただひとつの存在ですが、厄介なのが、特定行政庁ごとに、建築基準法の取扱が異なる場合があることです。 専ら、似通った地域で仕事をされている方はその地

続きを見る

建築確認News 天井脱落防止関連続報 パブコメ結果公示

このところ、天井脱落防止の話題ばかりですが、忘れた頃に改正法が施行されるものなので、意識するためにしつこくやっております。 まずは、パブコメ結果公示先のリンクから 安全上重要である天井及び

続きを見る

建築確認Tips 地区計画条例と備蓄倉庫のコンボにK.Oされる前に

容積率の緩和規定を甘く見てはいけない 地区計画が定められた区域は特殊と思うべし 地区計画条例(法第68条の2)が定められている地区計画区域内で、備蓄倉庫部分がある建築物を計画する場合、備蓄倉庫部分

続きを見る

建ぺい率緩和の甘い罠その2 防火地域内の耐火建築物

2013/06/17 | 建築確認

  防火地域内での建ぺい率緩和を適用する条件 敷地内の全ての建築物が耐火建築物であること 角地における建ぺい率緩和と双璧をなすのが、防火地域内の耐火建築物に対する建ぺい率の緩和です。 ここで

続きを見る

給湯器告示改正に伴い予想される、完了検査時のドタバタ

// 給湯器告示改正による建築確認申請の図書作成については過去記事(給湯器の転倒防止の改正告示が本日施行)でご案内したとおりです。 今回は、改正告示の施行から2ヶ月余り経過し、そろそろ完了検

続きを見る

建築確認Tips  庭先の物置の基礎はコンクリートブロックじゃダメなのか?

建築物の基礎について建築基準法が言及している部分 住宅に庭先にあるような小規模な物置も、ただ地面に置いてあるわけではなくいわゆる基礎の部分が存在します。 ごく小規模なものはその基礎がコンクリートブ

続きを見る

建築確認Tips 用途区分 自動車ディーラーと中古車買取専門店

  用途区分 自動車ディーラーと中古車買取専門店 なるほど、と腑に落ちる用途区分のお話です。 今回は、自動車ディーラーと中古車買取専門店との違いについて 物販店舗か事務所か 世の中の多様

続きを見る

建ぺい率角地緩和の甘い罠

2013/05/25 | 建築確認

建ぺい率角地緩和に潜む「罠」 「角地といえば、角地緩和!」 建築士なら、だれでも知っています。 宅建の試験にも出てきますから、不動産関係の方もおそらくご存知なのが、角地緩和です。 です

続きを見る

建築確認ニュース 給湯器転倒防止の改正告示が本日施行。

給湯器転倒防止措置について 給湯器転倒防止の告示施行 給湯器転倒防止の告示が本日施行されました。(平成25年4月1日) 平成24年 国土交通省告示 第1447号 (平成25年4月1日施行)に

続きを見る

建築確認Tips  庭先のプレハブ物置は建築物なのか?

ヨドコウでもカクイチでも物置は建築物たりうる 建築物の定義 建築物として建築確認が要る、要らないという議論に、小さなプレハブ物置は該当するのかどうかがよく話題に登ります。 そもそも建築物の定義につ

続きを見る

ケースアイキャッチ
クラシックミニファミコンのモニター一体型キャリングケースが完成

過去の記事で、クラシックミニファミコンのポータブル化について触

winderimg_2741eyecatch
自動巻きの時計に必須のアイテム、ウォッチワインダーがすごい

高級な自動巻時計には、時計に負けない高級感を持つウォッチワインダーを!

stick-eye
クラシックミニファミコンの再現度をさらに高めるシールを作った

クラシックミニファミコンに足りないもの、それはスイッチ周りの「あのシー

kaizou-eyecatch
クラシックミニファミコンのコントローラー改造はシロウトでもデキる!

クラシックミニファミコンのコントローラーが小さいのは周知の事実

フォトボックスアイキャッチ
メルカリ・ヤフオクで高く売るコツ:撮影ボックスを使おう

不用品の処分で便利なのが、ヤフオクやメルカリです。 メル

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑