Xperia Z3Compactをガンズくん仕様にして遊ぼう

Ganz kun Case003

みなさん、痛車ってご存じですか。
イタリアの車を指す、イタ車じゃないですよ。
見るからに「痛い」車のことです。

こんなやつです。

痛車

で、今回は、これまたありがちなんですが「痛スマホ」をXperia Z3Compactで、しかもガンズくんバージョンで作ったよ、というお話です。
(一番上の画像のやつですね)

特殊技術は一切不要、手間と暇さえかければ誰でも出来ますし、いろいろと応用可能ですので、よかったら参考にしてください。


スポンサーリンク

痛スマホXperia Z3Compact作成で用意するもの

用意するもので最低限必要なのは、

・スマホ
・透明なバックカバー
・紙
・題材(素材・画像)

です。

そこに、
・時間
・手間
・熱意
なんかがあるとなお良し、と言った具合です。

痛スマホXperia Z3Compactの作り方 初級編

smartPhoneganz016

初級編なので超簡単です。
やり方は、

・松本山雅FCを題材にした絵葉書をもらうか、探すか、買ってくる。

・Xperia Z3Compactの大きさに切る

・カメラやセンサーの部分を切り抜く

・カバーと本体の間にはめて、完成!!

です。
実質作業時間は15分もあればできるかと。

ポイントは、どうやってXperia Z3Compactの大きさに切るか。

これは、この記事(XPERIA Z3 Compactと一緒に買うとシアワセなもの)でもちょっとだけ書いているんですが、Xperia Z3Compactは背面もガラスなので、背面保護用のガラスフィルムっていうのもあるんですね。
これを買いまして、型紙として利用するというものです。

絵葉書にフィルムをあてて、鉛筆かなんかで印をつけます。
smartPhoneganz005

で、頑張って切ります。デザインカッターがあると楽です。普通のカッターだとカメラ部がちょっとつらいです。
smartPhoneganz004

NT デザインナイフ D-400P
by カエレバ

カメラやセンサー部分は紙の白い部分が目立つので、ペンで黒く塗ります。
山雅絵葉書黒塗り

元のサイズと比べるとこんな感じです。Xperia Z3Compactは小さめサイズなので、はがきサイズからしっかり素材が取れるのです。
Ganz kun Case008

これをXperia Z3Compact本体とケースのあいだに挟めば完成です!!
smartPhoneganz015

いかがですか、超簡単でしたね!!
次は、もうちょっと手間を掛けます。

痛スマホXperia Z3Compactの作り方 中級編

Ganz kun Case001

お次はガンズくん仕様を作ります。
上の写真は、iPhone6のシルバーと同じような感じになったよ、という意味の写真です。
私のXperia Z3Compactはホワイトなのですが、シルバーな用紙にガンズくんをプリントしたのでメタリックな仕上がりとなりました。

初級編に加えて用意するものは、

・素材になる画像(ネットで拾ってもよし、自分で書くもよし)
・印刷する紙(透明だとdocomoとかが見えてしまいNG。メタリック系がキレイです)
・パソコン
・プリンター

パソコンとプリンターがない人は、初級編で我慢しましょう。

作り方は

・パソコンで画像編集ソフトを使い、素材を加工する
・印刷する
・カットする
・挟む

完成!!

となります。
画像を加工する段階が一番時間がかかります。
私は操作方法を調べながらやったので、延べ3時間位かかったでしょうか。

特別な専門のソフトは不要です。ネットで拾えるフリーソフトで十分。
私はGIMP(ギンプと読むらしい)を使いました。
使い方は、検索すると山ほど出てくるので安心です。

まずは素材を拾ってきました。ガンズくんや松本山雅FCのロゴ、Xperia Z3CompactのCAD画像なんかもあったのでゲット。CAD画像のおかげでサイズが良くわかります。
ガンズくん素材

これらの素材をGIMPで合成します。
最初にXperia Z3Compactの大きさの背景を用意しておけばラクラクです。
ケース作成過程550

画像加工の手順は
・ガンズくんを輪郭で切り抜く
・ガンズくんやロゴのサイズを調整してレイアウトする
と言った程度。

ここでオリジナリティを出すために、ガンズくんの背景に2015ユニフォームのヨコシマボーダーを入れてみました。
色は、オフィシャルショップのユニフォーム画像から色をピッキングしたりしました。
意味がよくわからない方は、この辺はスルーしても良いと思います。

本当はガンズくんのユニフォームを2015モデルにしようとしたのですが、作業が細かすぎるので断念。
結果的に、楽したパターンのほうが見栄えは良かったのではと思います。

普通紙にテストプリント。背景が真っ黒になってしまったり、失敗感が良く出てます(笑)
Ganz kun Case015

本番はメタリック用紙にプリント。なぜかちょっと緊張しました。
Ganz kun Case012

エーワン 手作りステッカー メタリックシルバー 3セット 28892
by カエレバ

光が反射して、イイ感じです。
ガンズくんメタリック

印刷できたら、丁寧にカット。これでほとんど完成したようなもの。
Ganz kun Case006

めでたく、痛Xperia Z3Compactの完成です。
Ganz kun Case003

ついでに、画面の壁紙も松本山雅FC仕様にしたりして。こだわる人は、表側の白い余白部分も攻めるらしいです・・・。
痛スマホ壁紙

痛スマホXperia Z3Compactの作り方 上級編

ここでは、上級編の説明はありません。

なぜなら、私は痛スマホ制作上級者じゃないからです。

上の中級編も、中級と呼べるか怪しいレベルです。上級者はそれこそ本体に直接ラッピングしたり、3Dプリンターで完全オリジナルのケースを作ったりするはずです。
もっとスゴイ実例を見たかったら、「痛PSP」とか「痛psvita」「痛3ds」で検索すると、メチャクチャ楽しいですよ。

というわけで、イイ歳こいてなにやってんだというご意見は無視しつつ、そろそろ松本山雅FC50周年ユニフォームの痛Xperia Z3Compactでもつくろうかな、と画策しております。

やっぱり、工作は楽しいね!!

Xperia Z3 Compact SO-02G docomo [White] 白ロム 利用制限無期限保証
by カエレバ

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク