まさに奇跡!Kindleのキャンペーン情報が削除できた!!

kindle2003

上の画像を見て、「なんだこれ」と思ったあなたはかなりのKindle使いです。

だって、常日頃Kindleで読書したり、各種設定を行っても、絶対に出ないメッセージだからです。
このメッセージの凄さは、この記事のタイトル通り奇跡的な出来事で、

「Kindle Paperwhiteのキャンペーン情報付きモデルのキャンペーン情報を削除しましたよ」

というまさにAmazon神の気まぐれとでも言うべき、大事件なのです。

この天変地異ともいうべき事象をいかにして発生させるのか、これがどれほどスゴイことなのか、また、注意点などあるのかということを明らかにしていきたいと思います。

スポンサーリンク

Amazon神の慈悲深さよ!キャンペーン情報の削除方法はズバリ、「Amazonに懇願すること」だった!

お前は何を言っているんだ、と思った方は正常な思考回路をお持ちです。

だって、敢えて値段の安いキャンペーン情報付きのKindleを買っておきながら、後になって「キャンペーン情報がいちいちウザいからやっぱり消して」なんて、相当ひねくれたわがまま野郎がしでかす行動だからです。

でも本当に、Amazon神にお願いするだけで冒頭の写真のとおり、キャンペーン情報が一切現れない、スリープモード解除と同時にすぐ読書に取り掛かれる快適仕様のKindleに生まれ変わってしまうのです。

モノは試し、ダメでもともとで、Amazon神にお願いしてみることは、決して時間の無駄ではないはずです!!

Amazon神にキャンペーン情報削除の願いを届ける方法

ではここで、Amazon神にどうやったらこの切実な願いが届くかを解説します。
(キャンペーン情報付きモデルのキャンペーン情報を削除する方法、ということです)

1.Amazonにログインする

2.Amazonのサイト(画像はPC表示のもの)の一番下、「カスタマーサービスに連絡」をクリック

kindle002

3.右側の中央やや下にある「一般的なお問い合わせ」の直下の黄色いボタン、「カスタマーサービスに連絡」をクリック

kindle003

4.またここでサインインを要求されるのでメルアド、パスワードを入力し先に進む

5.Fire&Kindleのタブを選び、さらにキャンペーン情報を消したいKindle端末を選ぶ
(私は2つあるペーパーホワイトのうち、新しい方をチョイスしました)

kindle004

6.お問い合わせ内容を選択する。一番目のドロップダウンリストで「キャンペーン情報付きモデルについて」を選び、二番目のドロップダウンリストで、大胆にも、「キャンペーン情報を削除したい」を選ぶ。
(チャットや電話ならより素早く対応してもらうことも可能のようだが、私のようなノミの心臓の持ち主は、「Eメール」という最も卑劣極まる手段でAmazon神に願いを届けた)

kindle005

7.Amazon神の裁きを待つ

kindle001

果たしてAmazon神の裁きはいかような結論をもたらしたのか

(冒頭で結論は出ているのですが、もうしばらくお付き合いください)

待つこと1時間半。
Amazon神の使いの方からメール着信あり。
内容は以下の様なものでした。

「お前の願いはわかった。しかしながら、いずれのKindleに自由をもたらしたいのかが掌握しがたい。即座に明確にせよ。そして、声高に叫べよ!!」
と天の声が聞こえてきました。

あーめんどくさ。
本当はこんな感じです。

「確認いたしましたところ、JUN様のアカウントには2台のKindle端末が登録されておりました。 誠に恐れ入りますが、今回ご連絡いただいた内容から、キャンペーン情報解除希望の端末を特定させていただくことができませんでした。 恐れ入りますが、当サイトまでお電話もしくはチャットにてご連絡をいただきますようお願いいたします。」

なんということでしょう、ノミの心臓のオレに電話かチャットでやりとりせいよ、というお導き。

Amazon神の使いの方、切なすぎるよ!!
でも、文面の最後に、メールでも良いよ、とあったので再度メール。
新しい方のKindle Paperwhiteを指定し、送信。
ついでに、2つともキャンペーン情報を削除してもらうこともありですか、と図々しさついでに聞いてみました。

で、待つこと20分。
もう返事が来ました。
そのメールには、まさにモーゼが海を割ったかのような奇跡が記されていたのです。

「お客様のアカウントに登録されている2台のKindle Paperwhiteについて、今回に限りキャンペーン情報を非表示とする設定を行いました。今回の変更につきましては、追加料金が発生することはありません。」


「2台のKindle Paperwhiteについて、今回に限りキャンペーン情報を非表示」


「追加料金が発生することはありません」


なんですか、この奇跡。


1台のみならず、2台ともキャンペーン非表示になってしまったではありませんか。

Amazon神の慈悲深さを感じずにはいられません。
全身が、魂が打ち震える状況とはこのことです。

生まれて初めて、神の存在を信じましたね、私は。

そこでさらに私は迷惑ついでにと、こんなわがまま、みんなが言い始めたら恐ろしいことになるのでは、とAmazon神の使いの方に聞いてみました。

Amazon神のきまぐれが発動する恐れあり。期待せずに懇願するべし。

こんなわがまま放題がいつでも通じてしまうのか、私だけAmazon神の「神の息」を浴びておきながら、これを実践してみようというみなさまにご注意を申し上げたい。

何故かと言うと、私の「どんな方でもキャンペーン情報は解除できるのか。または、何か条件があるのか」という問いに対して、次のような「声」が届いたからです。

「お問い合せいただきました「キャンペーン情報の削除」につきましては、通常削除をしておりません。しかしながら、このたびは、状況を加味させていただき、対応させていただいたものとなります。なお、申しませんが、対応につきましては、お客様により異なりますため、条件等のご案内はできないものとなります。お客様のご期待に沿う返答とならず、誠に恐れ入りますがご理解いただきますようお願いいたします。」

つまり、誰でもAmazon神に頼み込めば削除してもらえるかというと、そうでもない可能性もある、ということが文面の端々から読み取れます。

私は運よくキャンペーン情報削除してもらいましたが、キャンペーン情報を削除するということは、言ってみればAmazonの収益を生む機会を奪ってしまうことに繋がるわけです。
そう簡単にキャンペーン情報を削除できるなら、端末にわざわざ2000円もの差を設けるはずがありません。

試してみようと言う方は、ダメでもともと、上手くいけば儲けモン、という程度の気分で挑戦していただきたいと思います。

私は決して、絶対誰もが上手く削除してもらえる、とは申し上げません。

ただ、Amazon神の使い、アマゾンカスタマーから送られてくるメールの最後にこんな文章が書かれています。

「Amazon.co.jp は、お客様からのご意見により、地球上で最もお客様を大切にする会社を目指しています。」

この一文を見ると、やはり、可能性が少ないにせよ、トライしてみる勝ちはあると思います。

勝手に考えた、キャンペーン情報を削除してもらうための条件

kindle002

ここからは、私の勝手な推測で、何の根拠もありません。

しかし、私の状況に当てはまることを列挙することで、同様な状況下にある方はもしかしたらキャンペーン情報を削除してもらえるかもしれない、と推し量ることは可能だと思います。

私の考える、キャンペーン情報を削除してもらえる条件とは

・プライム会員である(無料期間を終えて、しっかりと会費を払っている状態)
・Amazonでよく買い物をしている(私は月に40箱以上、アマゾンボックスが届きます)
・アマゾンカスタマーレビューにぼちぼち投稿している
・Kindleを持っている(当然の条件)
・Amazon神に畏敬の念を抱いている

といったところではないかと思います。

つまり、これらの条件を満たし、なおかつ敬虔なアマゾニストである場合、キャンペーン情報を削除してもらえる可能性がグンと高まるのではないかと思うのです。
キャンペーン情報有り無しの差額、2000円をゆうに上回る利益をAmazonに献上していることが条件、と言えるかもしれません。

100%の確率とはいえないので、心配な方はキャンペーン情報なしモデルを買うほうが、Kindleをよりストレス無く使いこなすことが出来ると思います。

私も、特にこれまでキャンペーン情報が表示され、最初にスワイプするというひと工程を苦に思ったことはありませんでしたが、いざなくなってみると快適そのものです。
スリープモード対応のカバーを使っているので、カバーを開けると読んでいたページがさっと表示されるのは実に快適、快感です。紙の本と遜色ない使い勝手です。
 
すでにキャンペーン情報付きのKindleをお持ちの方は、ダメもとでトライしてみることをオススメします。
まだ持っていない方は、とりあえず、プライム会員無料体験を申し込み、4000円のギフト券をもらう権利を確保しつつ、キャンペーン情報付きモデルにするか、キャンペーン情報なしモデルにするかを悩まれると良いと思います。

みなさまのKindleライフに幸あれ!
Amazon神のご加護を!!

▼アマゾンプライム会員への入り口(笑)

by カエレバ

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク