ライトニング端子専用のノイズキャンセリングイヤホンを使ってみて


ライトニング端子専用の、ノイズキャンセリングイヤホンをゲットしました。

Amazonでの評判もなかなか良かったので、どんなもんかとチャレンジしてみたというわけです。

デザインや使い勝手、音質など、気づいた点をまとめます。

Linner lightning イヤホン ノイズ キャンセリング ライトニング イヤホン MFI認証 マイク内蔵 IPX4防水 iPad iPhoneなど多機種対応 グレー
by カエレバ

スポンサーリンク

Linner lightning イヤホンの外観、使い勝手


まずは中身。

本体、ポーチ、交換イヤピースとスタビライザー、マニュアル、保証書が入っていました。

マニュアルはグローバルタイプで、日本語もあります。

イヤピースとスタビライザーは、Mサイズと小サイズが装着済みです。



イヤホンはシリコンでしょうかね、肌への密着感は良いです。代わりに、ホコリ等はちょっと付きやすいですね。

この手のイヤホンはイヤピースの装着感、遮音性が命ですから、すべてのイヤピースを試してしっくりくるものを探すのはもはや必須の儀式と言ってもいいでしょう。

スタビライザーを装着するときはちょっと伸ばすようにして装着するので、伸ばしすぎて切れてしまわないようにしましょう。



リモコン部分にはこのイヤホンの心臓部とも言える、ノイズキャンセリングの機構が組み込まれています。

よくあるノイズキャンセリングイヤホンのリモコンには、電池を入れるようになっていますがこれにはありません。

なぜなら、ライトニング端子に接続しているので、電源をiPhoneなどのデバイスから供給してもらえるからと考えられます。

その分、リモコンを軽量化できるのはかなりのメリットが有ると思います。

リモコンの側面にあるスイッチで、ノイズキャンセリングのオンオフを切り替え出来ます。

当然、再生停止、音量調整、曲送り、電話に出る切るなどの操作ができます。


耳に装着するとこんな具合です。スタビライザーは小サイズです。

髪の毛は拡大すると結構キモいのでモザイク処理してます。

スタビライザーなしでも使えますが、スポーツをしたり、ウォーキング時に装着するならスタビライザーはあったほうがずれにくくて良いと思います。

Linner lightning イヤホンの音質、ノイズキャンセリング性能


それでは肝心の使用感、音質などを思ったままに書いてみたいと思います。使用したアップルデバイスはiPad miniです。


2時間連続で装着しても、耳腔が痛くなることはありませんでした。

音質は聞き疲れしない、フラットなチューニングだと思います。

音域全体に渡り、聞きやすく鳴らしてくれます。音場は広すぎず、自然な印象です。ボーカルも引っ込まずにしっかりと定位感のある聞こえ方です。

解像感もコストに見合った性能が感じられます。アーティストが聞かせたい音を聞けている、という気になれます。

ノイズキャンセリングをオンにしたほうが、音源ソースのボリュームを小さくすることができるので鼓膜へのダメージも減らすことができますし、音の精密さも上がるように感じます。


リモコンは電池不要なので軽く、ボタンは適度なクリック感のある押し心地です。

ノイズキャンセリングをオンにすると、「スッ」と周辺のノイズが消える感覚はなかなかのものです。人の声もかなり低減されます。

ノイズキャンセリングオン・オフスイッチの横にあるMボタンは、周囲の音がモニターできる、モニターボタンです。

押している間、ノイズキャンセリング機能がオフになりさらに音楽ソースの音量も下がりますから、イヤホンを外さずともしっかりとモニターできます。

電車やバスに乗っているときにアナウンスを確認したり、誰かに話しかけられたりしたときに便利だと思います。


iPhoneを持っていないため、iPad miniのスカイプで通話テストをしてみました。

iPad miniのマイクを使うよりよく聞こえるようで、特段聞こえにくいことはないようでした。ただし、周囲の音を拾いやすいようです。


気になった点としては、リモコンがプラプラしてしまいがちなところでしょうか。

簡単なクリップが付いていれば、より良かったように思います。ベルクロテープを貼るとか多少の工夫で改善できそうです。

それから、これは根本的な問題ですが、もし充電式にすることでリモコンの重量がそれほど増えないのならば、3.5ミリステレオプラグバージョンも欲しいと思いました。

ライトニング端子に接続するほうが、音もデジタルで出力され良い音になるのかもしれませんが、パソコンやその他の音楽プレーヤーでも使えると非常にありがたいのは確かです。

Linner lightning イヤホン:まとめ


iPhone7からイヤホンジャックが無くなり、ブルートゥース接続のイヤホンがかなり勢力を拡大したものの、有線接続の安心感や簡単さ、単純さはまだまだ市民権を無くしてはいません。

それ故に、ライトニング端子に接続できるイヤホンの人気も根強いものがあります。

iPhoneを充電しながら、同時に使うことができないなど多少の制約がありますが、音の良さ、ノイズキャンセリング性能の確かさを鑑みてもこの「Linner lightning イヤホン」はiPhoneユーザーにぜひ使ってみて欲しいイヤホンだと思います。

ノイズキャンセリングのイヤホンやヘッドホンも何種類か使ったことがありますが、このイヤホンは人の声をかなりキャンセルしてくれる珍しいタイプだと思いました。

ライトニング端子接続で、バッテリーレスの軽くてノイズキャンセリングがあるイヤホン、しかも音にも妥協しないとなれば、このイヤホンは選択肢の上位に食い込む実力はあると思います。

(同じメーカーから、ブルートゥース接続でノイズキャンセリングタイプのイヤホンもあるので、どうしてもワイヤレスが良い方はそちらもチェックしてみて下さい)

Linner lightning イヤホン ノイズ キャンセリング ライトニング イヤホン MFI認証 マイク内蔵 IPX4防水 iPad iPhoneなど多機種対応 グレー
by カエレバ

Linner bluetooth イヤホン アクティブ ノイズ キャンセリング イヤホン ワイヤレス ブルートゥースイヤホン 高音質 マイク付き IPX4防水 モニターモード付き カナル型 iPad iPhone Androidなど多機種対応 ブラック
by カエレバ

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする