UEの名機TRIPLE.Fi10(テンプロ)を無線化しよう

スポンサーリンク

良い音をもっと手軽に!TRIPLE.Fi10(テンプロ)を無線化


10proBT化001
高音質イヤホンの先駆けである、TRIPLE.Fi10(テンプロ)は発売からかなり年月が経つものの、まだまだ根強いファンの多いいわゆる名機です。

私も入手当時はリケーブル用のケーブルを自作したり、いろいろ楽しみましたが最近はめっきり出番が無くなっていました。

なぜかというと、いまではBluetoothで無線化されたイヤホン、ヘッドホンで高音質なものが多く出回っており、無線化の便利さ、手軽さに流れてしまっていました。

しかし、ふとした瞬間にこのTRIPLE.Fi10(テンプロ)を無線化できるのではないかと気づいた訳です。

結論から言えば、しっかりとTRIPLE.Fi10(テンプロ)を「無線化(Bluetooth化)」できました。しかも、めちゃんこお手軽に、です。

すごくお手軽なのでびっくりしますが、もったいぶらずご紹介します。

Ultimate Ears Triple.fi 10 PRO
by カエレバ

その前に、TRIPLE.Fi10(テンプロ)の凄さを再確認

10proBT006
もったいぶらずと言っておきながら、もったいぶります。

TRIPLE.Fi10(テンプロ)の凄さを再確認するために、古い特選街の記事を抜粋しました。

2009年と8年も前の記事ですが、特選街は定期的に良い音のイヤホン、ヘッドホンを特集してまして、このときはダントツ1位がTRIPLE.Fi10(テンプロ)でした。

50点満点中43点を叩き出し、文句なしのオススメイヤホン。

当時は5万円もする超高級機で、私が買ったときも2万円くらいでしたかね。よく覚えてません。

Amazonでは中古で3万もする、人気機種です。それだけファンが多く、また音の良さが認知されているわけです。

Ultimate Ears Triple.fi 10 PRO
by カエレバ

特選街 2009年 10月号 [雑誌]
by カエレバ

TRIPLE.Fi10(テンプロ)を無線化できるアイテムは新進のオーディオブランドのパーツだった

10proBT004
良い音のイヤホンを求めるのはもうライフワークと言っていいほど(しかし、ほとんど買わない)ですが、そんな普段の情報収集の中で中華な国のイヤホンが目に止まりました。

それがKZ声楽(英語でいうなら、KZサウンド、といったところ)のイヤホンです。

その中のKZ ZS5は2ダイナミック&2バランスド・アーマチュア 4ドライバ搭載で、Amazonでも4500円位、アリエクスプレスで個人輸入するなら3000円ちょっとという非常識な破格。

しかしレビューは絶賛の嵐、皆満足、そんなイヤホンなんです。

KZ ZS5 高音質 2ダイナミック&2バランスド・アーマチュア 4ドライバ搭載 2pin 0.75mm イヤホン (グレーマイク無し)Wooeasy
by カエレバ

しかし、私が注目したのはリケーブル可能という部分で、さらにそのピン形状。

ぱっと見では良くわからないとは思うのですが、過去にピンから導線、プラグまでアキバで探してテンプロのリケーブルを作った経験から、「これはもしやTRIPLE.Fi10(テンプロ)と同じでは?」とビビッと来たわけです。

それだけならまだどうということはなかったのですが、このKZ ZS5のリケーブルのバリエーションにBluetooth化できるユニットもあったんですね。

「これはもしや、TRIPLE.Fi10(テンプロ)がBluetooth化、無線化できるのでは?」と思い至り、中華な国から取り寄せまして、待つこと1週間、ついにTRIPLE.Fi10(テンプロ)がBluetooth化出来てしまったんです。

TRIPLE.Fi10(テンプロ)をBluetooth化、無線化するとマジで幸せになれます

10proBT003
ご覧のとおり、KZ ZS5はTRIPLE.Fi10(テンプロ)の規格をパクった(もしくは中身まで??)と思えるほどケーブルのピンがバッチリと装着できます。

そしてこのKZのBluetoothユニットがメチャクチャ軽い。ほとんど装着感が無いほど軽いです。

しかも、イヤホンハウジングに近い部分にはワイヤーが内蔵されていて、シュアがけもばっちりと出来ます。

これはもう、プロミュージシャンがTRIPLE.Fi10(テンプロ)をワイヤレスユニット経由でモニターしている気分になれます。

装着の際は、左右を間違えないでくださいね、注意点はそれくらいです。

10proBT005
リモコンも一通りの操作が行えるため、不便はありません。

電源オンオフ、ペアリングはアナウンスが流れるのでわかりやすいです。

肝心の音はというと、私の耳ではワイヤードとの差はわからないほど、しっかりと「10proサウンド」で聞けます。

グッとくる音で聞こえるポジションを決めるのになんだかんだで時間がかかるあのTRIPLE.Fi10(テンプロ)感、しかし一度ポジションが決まればうっとりと音楽の海にたゆたえるあの感じが、なんとBluetoothつまり無線で楽しめるっていうんですから、TRIPLE.Fi10(テンプロ)を持ってるならやるしかないでしょ、Bluetooth化。

で、そのBluetoothユニットですが、これが超安い。

Amazonで1200円ほど、個人輸入なら1000円以下です。この価格差ならAmazonで注文しても全然惜しくないですね。

正真正銘のオーディオファンから言わせると、TRIPLE.Fi10(テンプロ)をBluetooth化するなんて邪道!、と言われてしまうかもしれませんが知ったこっちゃないです。

便利で良い音、これ、最強。

いままでしばらくお蔵入りだったTRIPLE.Fi10(テンプロ)が、再び陽の目を見ることが出来たなんて、素晴らしいことじゃありませんか。

TRIPLE.Fi10(テンプロ)ユーザーの皆さん、ぜひお試しください。

KZ ZS3 / ZS5 Bluetoothワイヤレス高度なアップグレードモジュール(ZS3 / ZS5用)
by カエレバ

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク