絶品!スタンドになる不思議なiPad miniスリーブケース


スポンサーリンク

iPad miniをしっかり確実に、しかもオシャレに保護する絶品ケースがキタ!

Inateck iPad Mini 2 Retina/iPad mini3 専用プロテクターケースがスゴイ!!

inateck ケース

上の画像を見ただけでは、一体何なのかさっぱりわかりません。
しかしこれ、レッキとしたiPad mini用スリーブケースなんです。

スリーブケースがどうしてiPad miniを支えてしまうことになったのか、それは後にとっておくことにして、まずはスリーブケースとしての概要をお伝えします。

Inateck iPad Mini専用プロテクターケースの魅力

inateck 外観

最近Amazonでよく見かけるようになったInateckというブランドのiPad mini用のスリーブケースなんですが、素材は厚手のフェルトで、中に入れたiPad miniが滑り落ちないように、合皮のベルトで固定できるようになっています。

ベルトの固定はマグネットですが、しっかり止まるので、逆さにしても落ちてくることはありません。

さすが外国製品だけあって、マニュアルも何もなく、オレンジ色の袋に2個のシリカゲルと共にサッパリアッサリと梱包されていました。

inateckケース・カバーありの状態

私が絶賛オススメ中のiPad mini保護システムである、スマートカバーと背面クリアケースを装着した状態でも、すっぽりとinateckのケースに納まりました。

参考:ipad mini retina ケース選びの模範解答はコレ。異論は認めるっ!

上の部分がちょっとだけはみ出てしまいましたが、ベルトの磁石はきっちりと止まりますので、落下防止機能は正常に働きます。

ただ、このスリーブケースで通常保護することになれば、スマートカバーは必要としても背面のクリアケースは無くても良いかもしれません。
わずかですが厚みも減るので、ベルトもよりしっかりと余裕を持って留められます。

はい、よく出来たスリーブケースでした、解散っ!、とは終わらないのがこのケース。

なんと、超絶トランスフォームにより、iPad miniスタンドにもなってしまうのです。
その模様を、動画にまとめたので、ぜひともご覧いただければと思います。

最大の特徴、トランスフォーミングをとくとご覧あれ。

兎にも角にも、まずは動画を御覧ください。

いかがでしょうか。

しっかりとしたスタンドとして機能するには、それだけフェルトも厚地である必要があり、縫製もしっかりしていなくてはなりません。
スタンド機能を実現させるということは、iPad miniケースとしての性能も高いということがよくわかります。

▼画像でもiPad miniスタンドになる様子を確認
inateck ケースがスタンドに

スマートカバーがそもそもスタンドになるので、ケースがスタンドにならなくても良いとも言えますが、iPad miniユーザーには、「裸族」、すなわちiPad miniをハダカで使うプロフェッショナルな人も多いと聞きます。
そんな方たちにとって、このスリーブケースは救世主のような存在になり得ます。

それにしても、この仕組み、考えた人スゴイっす。

しかもこのケース、なかなかリーズナブルです。記事作成時点で1299円となっており、生地の質感と機能性を考えると、とりあえず一つあってもいいんじゃないかと思います。

あまりにも褒め過ぎなので、ちょっとシビアにチェックすると、ベルトの質感がもうちょっとな感じは否めません。表側はナイスな色合いなのですが、裏側の仕上げが惜しい。

磁石が「埋め込まれてますよーー」ッて感じで出っ張っているのも、若干安っぽさを醸し出してしまっています。

ですが、フェルトのソフトでウォームな手触りと超絶アイデアによるトランスフォーミングによって、そんなマイナス面は気にならなくなります。

これからの季節、手触りの良いiPad miniケースでほっこりしちゃいましょう!!

[amazonjs asin=”B00MVHWPBC” locale=”JP” title=”Inateck iPad Mini 2 Retina/iPad mini3 専用 ケース カバー プロテクターケース(カラー:グレー)”]

スポンサーリンク
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする